オプションを詰め込みすぎた魂の叫び(前半)

オプションを詰め込みすぎた魂の叫び(前半)

「オプションを詰め込みすぎた魂の叫び(前半)」

QHHT催眠セッション時に対話させていただいた内容を

一部抜粋させていただきます。

掲載を快く承諾くださった”E様”に、深く感謝を申し上げます。

=====================

大変嬉しいメッセージとセッションシェアの快諾を

“E様”から頂戴しました。

心配事や恐れは、一つずつ消化され、いい流れに向かっています。

どんなに心配したり不安になっても、

ちゃんと終わっていくし、過ぎ去っていくし、進んでいきますね

最近、人生でいろいろあっても、私というこの存在と、

この人生がとても愛おしく、誇りに思えるようになりました。

・・・セッションのシェアがお役に立てれば幸いです

多くの方が、QHHT催眠セッション中に起こった出来事や

自分が話したことは、私が作り出したものだと

思ってしまうそうです。

その確率、なんと99% Σ(゚Д゚)ワォ!

(って、ドロレス師匠がおっしゃっていました)

実際、何度もセッションを受けている私でさえ、

自作自演かと思ってしまうのですから^^;

(毎度、いつになったら信じるの?って、

何度も潜在意識たちに突っ込まれている私(ーー;))

それは仕方のないこと!? ではあります。

???が・・・

それでも、ハイヤーセルフや潜在意識たちの言ったことを

信じることで、確実に自分も周りも変化をしてゆきます。

それを実感するには、

とにかく自分が言った事や受け取った直感を信じてみること!

まずはそれにつきるのかもしれません。

あれこれ頭で考えず、

とりあえず彼らからのメッセージを真摯に受け止めやってみる。

 

今日巻いた種を、明日収穫しようとせず、

日々、水やりをすることも必要かもしれません。

今回のセッションを、皆さまとシェアさせていただくにあたり、

きっと心の深いところで、

E様と繋がっていることに気がつかれる方が

いるかもしれません。

なぜなら、Eさんは”アナタ”であり、

”アナタ”も”私”も、本当は”Eさん” と 一つの存在だから。

全てはつながっている…

セッションを読み進めるうち、理屈ではなく

おなかの深い部分で共感いただけるのではないでしょうか。

宇宙は、アナタの中に存在し、

アナタがアナタの内側で体験していることが、

宇宙全体に影響するのだそうです。

※反対に、アナタがほしいものを追い求めると、分離がはじまります。

本日も、QHHT〜量子ヒーリングヒプノセラピーの世界へようこそ🎶

楽しんでいただけると幸いです (^_-)

【前半と後半の2回にわけてご紹介させていただきます🎶】

== 前半 ============

2018.5月吉日 QHHTセッションから

「オプションを詰め込みすぎた魂の叫び(前半)」

 

【特定の個人を識別する内容に関して、一部省略や前後の話が途切れているなどございます。何卒ご了承ください】

* P:プラクティショナー(実践者)

*太字:クライアント様

〜催眠パートから潜在意識との対話へ〜_

次のシーンへゆくと、彼女は真っ黒な宇宙空間にいました。

真っ黒な宇宙

星が見える キラキラ光ってる

赤いのとか金色っぽいのとか

浮かんでいる (宇宙と)一体となってる って感じかも

なにも感じない かんじ …… すごい静か

穏やか 乱れてはないし ただ いるっていう かんじ

故郷みたい う〜ん とにかくここにずっといたような

ここから離れたことは一度もない と いうような

P:そこから離れたことは一度もない・・・のかもしれませんね

どうですか?

日頃、肉体に入っているアナタと比べて

そこにいると自由でしょうか

そうですね う〜ん なんだろ 

自由って言葉さえ 通り越しているというか

制限するものがないので 

そうなんだろう 

自由とさえ 感じない

P:つまりなにもない なにも生まれない

そうですね 

P:孤独もかんじもないのですね?

う〜ん なんか全体が自分みたいな

P:全体があなた あなたも全体で (はい)

全体もあなた (うん)

全てがわたしなのですね〜

楽しさはないのですね?

そうですね 

楽しさを感じるものがないっていうか 

感じる対象がないから感じない

P:退屈さも?

感じない

P:ただ静か?

う〜ん 

P:そこにずっといたいですか?

う〜ん そこにずっと・・・

う〜ん 

と…

ちょっと たまには冒険したいなぁ〜

P:ですね(笑)

時々 (そこに)帰るのは いかがでしょう?

 

う〜ん も 時々 そうですね 

本当に時々でいいかも(笑)

う〜ん ちょっと そうですね 

(このあたりから、自然と潜在意識さんが 見え隠れしていました。

本人の意識と融合するように話が流れはじていたかもしれません)

なんか前回が疲れたから(笑)

ちょっと休んで帰って

P:そっか・・・疲れたっていうのは どこにいたの?

 

うう〜 

 

(中略)

 

うん そうですね〜 

いや〜なんか 毎回疲れて〜 毎回疲れるから

P:そうですね(笑)

しばらく休ませてくれ〜 ってかんじ

P:その気持ちは なんかわかりますね〜

(声に出して笑う) 

でも思ってた以上に〜 (うん)

なんだろ

ひまつぶしじゃあないけど〜 (うん)

興味本位でちょっと行ってみたら(うん)

思ってた以上に過酷だったから〜 

また戻ってきて〜(うん)(笑)

 

でもまぁ 

また今度くらいは大丈夫だろうと 

 

また戻ってきて〜

またもっと大変なのが待ってたwww(笑)

P:アハハ・・・また待ってたね〜

P:過酷だよね 地球ってwww

笑・・・すぐには戻らないって 

まぁ またそのうちって

う〜ん 

でも ずっと戻らないのも 退屈といえば退屈だけど

P:ずっと一人だと 何も感じられないものね

う〜ん 

P:どうだろ? あんまり 盛り込みすぎなんじゃない?

アハハ 笑

P:そう思わない?

笑えてくる

P:少し緩やかにしても いいんじゃない?

そうですね 

いっきに レベルアップしたかった みたいな

P:そうだね 肉体に入ると 随分と ジャンプできるみたいだよね

 

う〜ん あれもこれも 体験

なんか オプションがいろいろありすぎて

だから体験したことがないのを 

いろいろ詰め込んだら 過酷になっちゃった

P:でも あれ? どうだろう

今回もなんか 似たケースじゃあない?

 

う〜ん なんだろう 

結局、同じようなのを 自分でつくっている

P:チョイスしちゃうんだ (うん)

それはなぜ?

う〜ん

P:納得いってないの?

 

う〜ん そ、ま、たぶん なんだ 

どっかの次元では楽しいとか

感じることは楽っていうか 

そういう感情しか感じられない次元というか があるけど

そこで 

体験できない感情を 体験してみたかった

P:そっか 喜怒哀楽や 神経がズタボロになることを

チョイス出来る星は少ないものね

うん

P:仲間はいるの?

いいや仲間は 

仲間は いない気がする 私しかいないってか

P:あなたしかいないんだ (でも)

みんなそうして郡霊となって

いろんなところ行くのかしら

戻ってきたら 一つ?

 

あぁ? そうですね 

降りてゆく時に 別れていくって言うか 

 

いま感じてる 私は 全体の私

だから今は 個を感じることができない

だから仲間っていうこと自体を 感じることができない

P:じゃあ あなたの体験も

きっと過酷だった ご家族の体験も

戻ってきたら みんなひとつに融合しちゃうの?

そうですね うーん

P:みんな役割を演じてる? ・・・ そうじゃあないんだ

うーん その 感情を体験するために全ては起きてて

そうですね 役割を演じていると言うか 

う〜ん

 

体験するべきことを体験するために

全ては起きているから

 

本当はいい人も悪い人もいないし

なんだろう 良いも悪いもないし

ただ体験のためだけに起きてる

 

でも全体の 私のところに戻ってくる時は なんだろ 

その途中で 一旦、精算されるって言うか 

精算して 全体になる時は

なんだろう 

そういうの 関係なくなっちゃうって言うか 

P:そうなんだ 体験して 経験値が上がって〜

 

最終的には ひとつに戻るから

その 個の経験は 全体に戻る途中で

その 個の経験が 最終的にもう一つに戻る 

個っていうのは 全体から外れた時の

「個」っていう認識自体がなくなる

P:そうなんだ そうかそうか

でも、個になった時に 辛いことや苦しいこと

ありますよね なんか今回も十分味わった気がしていますが

そうですね 

やりすぎたかな

P:でも そろそろ大分 開放されてきているのではないですか

そうですね

P:制限して 自分の好きなように

そろそろ ご褒美タイムがあっても

よろしいのではないでしょうか

多分一番のハードルはもう乗り越えてる

P:うん

 

あの〜 ちょっと(人生の)前半に詰め込みすぎたので 

だから今 苦しいとか辛いって受け取っていることは

それまでの経験の 経験からの癖 

受け取り方の癖と言うか 

癖から来ているだけで

 

実際は苦しいはずはないと言うか 

そんな大変なことはもう起きていないし

うん ちょっと勘違いしているよと

P:それは自分で自分に制限をかけてしまったがために

それが習慣化? 癖になってる?

みんな ちゃんと愛を持って 

私のために動いてくれてる

P:そうですよね じゃあもう人の目が気になるとか世間体とか言うのは

もう抜け出せているのでは?

そうですね 

ちゃんとあの愛を見なさいと 

愛から離れたことは一瞬たりともないから

 

ちゃんと目の前にある愛に目を向けて 

うん (感情が溢れる)

誰も私を苦しめようとしている人はいない

(感情溢れ・・・泣…)

P:うん みんな今回の役割をもって

その愛を教えてくれるためにいたのですか

 

そうです

P:うんうんうん

いわゆる嫌われ役を演じてくれたと思っていいですか

 

はい 私に 

その…気付かせるため 

 

真実はひとつしかなくて

全ては 

そこにある愛に気づくために起きているから

その内容は正直どうでもいいと 

起きたことは実際になんでもよくて

愛を思い出すために全ては起きてる

P:その愛をより深く知るために

設定を少し重くしすぎたんですね

 

ですね 

 

(中略)

P:この恐いと思う 大元は どこからやってきているのですか

愛を知るため?

う〜ん

P:この根本的な原因となった出来事はありますか?

 

あの〜 (中略)

えっとなんか みんなから無視されたり

自分は悪いことしていないのに

なんか 突然口きいてくれなくなったりとか 

家族が 暴力振るうようになったとか

誰も信用できなくなったから 

だから自分なんか いちゃいけないんだろうと

P:そんなふうに思ってしまったんですね

うん 

P:となると それは前世から長引いている?

う〜ん

P:前のことを覚えているってこと?

 

そうですね 人の視線が怖い 

だからビクビクして街を歩いていたので〜

だから堂々としていたら目をつけられそうと思って

P:自分だけそういう目に合わないように 考えて生きてたんだね

 

人に優しくしておけば 

そうすると自分の味方になってもらえるし

その 自分が困った時に助けてくれる人が 自分の親以外で

P:生きる知恵みたいなものかな

う〜ん

P:でも そろそろ地球自体の波動も上がってきていることだし

断ることも 少し覚えてきましたよね

うん

P:後は前世から引きずってきているものを

解放するにはどうしたらいいですか?

思い癖みたいなもの

えっと 感謝を書き出しなさい 

例えば 身近に 今関わっている人とか

ちょっと苦手と思っている人とか 

過去に何か こう いざこざあった人とか

特にそういう人に 

感謝を書き出しなさい と

P:感謝を書き出したら ひとつずつ溶けていくんですか

うんと そうですね 

とにかくそれを 

その人達だけではなくて

それがまず一番で

 

とにかく毎日感謝できることを

朝晩 書き出したり もしくは 

自分の心の中で 感謝の言葉を口にして

 

そうすることで

自分が体験する世界が変わるし

自分の周りの人達も変わる

P:自分の周りの人達も変わるのですね

 

そうすると 人が怖くなくなるって言うか 

なんか 愛の世界を体験するようになるから

P:以前、見せてくださった

あの全てが愛と感じる その世界?

うんうん そうですね 

だから うん 

あれは一旦真実を見せることで

その真実の上に 覆いかぶさったものに気づくため

後の出来事が起きているだけで

結局そこにまた戻ると言うか 本当はそれしかない けど

P:うん そこを彼女に体験させるために 見せてくださったんですね

 

あまりにも 気付かなさすぎだったので 

ちょっと垣間見せて

ここに戻ってくるんだよっていう サインをおくって

 

(数年前。突然、全てが愛に溢れているという実体験をした

のだそうです。何をみても愛だと感じる体験は、

震えるほど素晴らしかったそうです)

 

P:ちゃんと分かって キャッチされていますよね

う〜ん でもちょっと頑固なんですよね(笑)

P:頑固だったんだ

でもまあ 私たちは この窮屈な日常生活もありますんでね

 

うん

P:いろいろ大変なんですよ

笑・笑・・・

P:でも皆さん応援してくださっていますものね

そうですね

___後半)へと 続きます__________

オプションを詰め込みすぎた魂の叫び(後半)

https://lyrapresence.com/post-0-54/