Profile

プロフィール

はじめまして!​

量子ヒーリング催眠療法 (QHHT) プラクティショナー の “Chika” です

2013年12月、ドロレス・キャノン師匠の初来日。東京で開催された”QHHT”を、受講-修了。QHHT ”プラクティショナー” として、米国 (ハワイ島)在住時より、量子ヒーリング催眠療法を実践してきました。

2014年夏、ハワイ島から日本へと住居を移し、福岡市西区と広島県呉市にてセッションをさせていただいています。(2019年6月より広島市を拠点に活動)

どこから来てどこへ帰ってゆくんだろう?何をする為に生まれてきたのかなぁ?なぜ好きなことだけやっていたらいけないの?戦争して領土を奪いあったりして何が楽しいんだろう?..そんなことを思いながらこれまで生きてきました。

自分が何者かを知ることが出来るかも……?インドへと独り旅に行きました。ですが、どこに行っても心を揺さぶられるような本を読んでも心の中のモヤモヤを完全に消しさることは出来ませんでした。

月日は流れ…2011年3月11日。鮨屋での仕事を終え、家へかえってテレビをつけた時のことでした。画面には日本のニュースがリアルタイムに映し出されていました。大津波があらゆるものを飲み込んでゆきます。わたしの脳裏に、神殿の柱が倒れ大水に飲み込まれるシーンがフラッシュバックしていました。とめどもなく涙が溢れます。声をあげて泣きじゃくる自分を少し斜めうえから観ているワタシがいました。

翌2012年夏。退行催眠療法(ヒプノセラピー)を受ける機会に恵まれます。催眠中、自身の過去世?と思われるものを体感し、一時は何かが変わってゆく予感に包まれ嬉しくなります。

その後、日々うすれゆく記憶に、「自らが創りだしてしまったものだったのでは!?」 と、自信が持てなくなりかけていたところに、私の前に忽然と現れたのが、ドロレス・キャノン 師匠の”QHHT”でした。

いま思い返せば、潜在意識に導かれたのかもしれません。

2013年12月。ドロレス師匠が初来日され、日本で行われた”量子ヒーリング催眠療法(Quantum Healing Hypnosis Technique)を受講するため、わたしは、ハワイ島から日本へ向かう飛行機に乗っていました。

これまで生きてきた中で、最も衝撃的な体験がそこには待っていました。

_________________________ 

2013.12月東京にて_Dolores Cannon女史

2014年夏以降、九州近郊の仲間とともに QHHT練習会 をしています。

次記にご紹介させていただくメッセージは、肉体を脱ぎ捨てた”ドロレス・キャノン師匠”が向こうの世界にいかれた直後、九州会の仲間を通じて降りてきたものです。

ベールの向こう側に行かれた”ドロレスさん”の最終的な目標【夢・やりたいこと】って何なのだろうね?って、そんなことを話していた私たちに、ベールの向こう側から注がれた愛いっぱいのメッセージです。そして、私たちにとって、かけがえのない”宝物”となりました。

このたび、彼女たちの了承を得て掲載させていただきました。私たちプラクティショナーとともに皆さまへの一助になれば幸いです。

写真:2014.8月東京にて_ジュリアさんとの想い出の一枚

2014.8月東京にて_ Julia Cannon (Dolores Cannon’s Daughter) 女史

_____________________________________________________

2014.11月 ベールの向こう側へ旅立たれた”ドロレス・キャノン”師匠からのメッセージ

ドロレスさんがやりたかったこと

それは愛を思い出すということ

”この世界は生まれる前に自分で青写真を作ります。それを忘れてここに来ます。そうして、苦労を知るのです。ままならない人生というのを知る。それと同時に、本来ならば自分へ向けられているたくさんの愛を知るはずなのです。

苦労をするからこそ、そのご褒美としてのたくさんの愛が地球にはある。

自然から生かされているという愛、家族や友人から愛されるという愛、そして、困難をもってしても自分を生かすという選択をする自分自身という愛。

しかし、今の人々はそれを忘れています。謙虚さをなくし、他人を責め、境遇に嘆く。本当はこの世は苦労をするためにきた私たちのために、愛が溢れているのにもかかわらず。

死ねばその愛を当然のように知りますが、それは当然なのでありがたみは薄れます。ですが、苦労に苦労を重ねた結果、わずかな愛でも私たちにはとても重みがあります”

image

ハワイ島から成田へ向かう飛行機窓より撮影(雲形UFO?www)

_____

追記:QHHT-九州会友からのメッセージ

ドロレスさんがやりたかったこと、それは愛を思い出すということ。あなたを幸せにするのは、幸福の青い鳥ではなく、あなたの中にある愛なのだと。私たちの人生の目標は五次元にいくことでも、そして人を癒すことでもないのです。

自分に向けられる愛を思い出し、それを信じることなのです。それを引き出すのがQHHTであり、ドロレスさんの目標なのです。私たちのやっていることはそれほどに大きな事です。

愛は見失いやすいもの。だからこそ不安になるし、思い悩むのだと思います。でも、だからこそ伝えがいのある仕事でもあるわけです。

歩み

QHHTプラクティショナー:Chika

Love:ロミロミ、ヨガ、ミュージカル鑑賞、テニス&F1観戦、😍カメレオン、ネコ、フクロウ

職歴:住宅会社勤務→エアロビインストラクター→添乗員→ネット通販経営→鮨屋→QHHT 量子ヒーリング催眠療法士 & ハワイアンロミロミ セラピスト

住居:広島県呉市→(千葉県柏市)→福岡→ヨーロッパを中心に10年程世界をウロウロ→ロサンゼルス→ラスベガス→ハワイ島→糸島市→福岡市西区&広島県呉市→広島県広島市(いまここ