歯の不具合と再生

歯の不具合と再生

QHHTセッションから一部抜粋〜

「歯の不具合と再生」より

〜2017年冬記録・潜在意識との会話から〜

※セッションシェアに感謝を込めて※

(一部、個人を特定する部分など省略させていただいています)


P: 歯の再生や調節は可能でしょうか

「はい」

P:出来るんですか?(はい) 今、治療をお願いできますか?

「はい」

P:ありがとうございます

なぜ歯が悪くなったのかご存知ですか?

「えぇ」

(しばし間)

P:今、歯の調節中ですか?

「はい うううう〜ん」

(何かしている様子)

P:続けて お話できますか?

「はい いろいろありましたが

抱えてるところもあり

本人の甘えもあり」

P:それが歯の不具合として出たのでしょうか

「はい

 隠しておきたかった」

P:隠しておきたいことがあると

歯がよくなくなるの?

「うぅ〜ん… はい  彼女はね

いよいよ歯医者に行かないといけないと

覚悟を決めて

う〜ん でも治して貰おうと思ったのでしょうね」

P:笑・・・虫歯とか 物理的な治療も必要でしょうか

「まぁ 様子みて」

P:様子みて?

虫歯ではないのですか?

「虫歯じゃあない」

P:様子をみて  状態がよければ

(歯医者に)行かなくても大丈夫?

「行かないでしょうね〜」

P:通常、歯は なかなか治せないって伺っています

なぜ 彼女の場合 治せるのですか?

「はい えぇ そうですね」

P:たくさんの潜在意識さんが

歯は無理っておっしゃいますよ

「できるよ」

P:まぁ、できるんですね!

それは彼女が… 例えば  歯が三回くらい生え変わることが

あるって信じているからでしょうか

「そう

彼女ね なんでも有りだと思ってるから

自分だけは出来るって 思える人だから」

P:思えば出来るんですね?

「思えばね」


P:普通一般の方は 思わないから出来ない?


「出来ないと思ってるのですよね」

P:そうですね

通常、歯はだいたい出来ないっていうか

(潜在意識に)断られます

「そうなの?」

P:そうなんですよ

顕在意識というか

コテコテの集合意識がそうなっているからでしょうか

「う〜ん 彼女、集合意識ないから」

P:そうなんですか?

「えぇ あまりない」

P:集合意識=地球に繋がっているって聞いたことありますけど

あまりそういう 大衆の意識とは繋がらないのですね

「繋がりたくないみたい」

P:それも必要なことですよね?

「・・・えぇ  ・・・ でも 孤独ですよ」

P:そうなんだ

「えぇ」

P:孤独もお好きなのでは?

(歯の治療のため少しエネルギー過多になっている様子 

少し辛そうに息切れしています)

大丈夫ですか 息が少し 荒いようですが…

「えぇ (はぁ…) 体温?をさげています……」

P:ありがとうございます

歯を治してくださっているのですね

「はい」

P:わかりました それが終わってから お話しましょう

(しばし間)

P:いかがですか?  もう大丈夫ですか?

 「はい」

P:これ(歯の不具合)は 何か気づきなさい

って、 皆さまからのメッセージ

あるのでしょうか

「歯が治ったらわかりやすいでしょ?」

P:そうですね 非常に難しいことで

非常に分かりやすいことですよね

「はい」

P:信じるバロメーターになりますよね

「そうですね 見えるものですからね」

P:笑 はい

やはり人は 目に見えるものを

信用する傾向がありますよね

「はい」

P:何度見ても凄いですね

顎関節症の方など

顎外れるかと思うくらい顔が動きますもの

「得意分野があるから

出来る人と出来ない人がいる」

P:そうなんですね

それは皆さま方(潜在意識)のお話ですね?

「はい 人(潜在意識やハイヤーセルフなど)によって違うから

頼まれても出来ることと出来ないことがある」

P:人(潜在意識)によって違うんですね

「そう」

P:その出来ない皆さまは なぜ出来ないのかご存知ですか?

繋がっているところが違うのでしょうか

「えぇ そこのパイプがないの」

(中略)

P:なぜないのですか?

「・・・なんて言ったらいいの? 繋がる・・・縁みたいな」

P:繋がる縁?

「家系みたいな」

P:繋がる家系?(うん)

DNAみたいなものですか?

「遺伝子みたいな えぇ そういうものが有るところと

出来るところと 出来ないところが あって…」

P:そうなんですね

でも(気づかせるために)お知らせするのに

肉体をつかって表現されて

で、治す時は なかなか 出来ないってのは

ちょっと厳しいですね

「はい」

P:でも まぁ、腑に落ちたから

修復をお手伝いくださっているのでしょうが

これまた 催眠から目覚めて 意識的になった時に

私の気の迷いで 治ってなんかいないや!って思えば

またもとに戻るのでしょうか

「病気とかは

意識が大きいから なかなか難しいね

内臓の動きも 見えないからね」

P:そうですね

「はい

目に見えるところは

信じないといけないでしょ」

P:そうですね

「だから分かりやすい」

P:例えば 癌が消滅したといっても

「見えないでしょ」

P:見えないですものね

「今まで 思考の塊だから」

P:またその考えグセが戻ってしまえば 癌も戻ってくる

「はい」

P:直ぐに(医療機関に)調べにいって

もし消滅してたら

それが腑に落ちるのでしょうけど

「そう」

P:それもするかしないかってのも 本人の意識次第ですか

「はい」

(中略)

P:他に体で調節必要なところはありますか?

「冷え性だったね

いまね 血液まわしてるから」

P:ありがとうございます

「すごい 熱くなってると思う」

P:布団は大丈夫ですか そのままで

「えぇ」

P:冷え性改善のアドバイスはありますか

「う〜ん いや、もう大丈夫」

P:普段の生活のままで大丈夫なのですね

「はい」

P:寝る前に冷えてるなと思ったら

(体の調節を)お願いしたらいいですか

もしくは 肉体、細胞にむかって話しかける?

「いいえ、必要ない」

P:わかりました 調節が今日できるのですね

「はい 足にポンプをつけるから」

P:まぁ、素晴らしい〜!

「ふふ」

P:偏頭痛とか以前あったようですが 最近はいい?

「はい もうあんまりない」

P:もう心配ないですか?

「(自分で)コントロールできるようになっています」

P:偏頭痛は 何故おこっていたのですか?

「自分が居たい世界と

今いる世界のギャップだよね

でもだんだん波動があがってきて

前よりよくなってる」

P:よくなったのですね

「自分でも体に

お願いできるようになってきています」

P:素晴らしいですね!

私も彼女にそれを聞いて

自分の体に意識を向けたいと思います

「はい」

P:みんな それが出来るようになればいいですね

「えぇ (皆)出来るんだけど

忘れてるよね」

P:忘れてるんですね

思い出せばいいのですね!

👏👏👏👏👏👏👏👏👏