けいこしょうこん

稽古照今

けいこしょうこん 「 古(いにしえ)を 稽(かんがえ) 今に照らす 」 稽古とは、 『書経』尚書/堯典[1]等の中国古典籍にあることばである[2]。 日本では『古事記』太安万侶序文末に「稽古」がありその意味は、古(いにしへ)を稽(かむがへ)ることである。同文の「照今」(今に照らす)とあわせ、「稽古照今」という熟語としても使用される。 日本武術などの形練習においては過去の達人であった先人の遣った理想 […]