眠りへと誘う

眠りへと誘う

1分で眠りに落ちる?ハーバード大出身、健康医学の権威が推薦する「4-7-8の法則」 | TABI LABO

◆全文はこちら→http://tabi-labo.com/110401/sleep-within-one-min/

眠りへと誘う
「4-7-8の呼吸法」

眠る前に深呼吸をすることは、安眠のための有効な手段のひとつとされていることを知っていましたか。ゆっくりと息を吸い吐き出すことで、筋肉の緊張がとけ、身体の疲れやダメージを回復する方向へと向かわせる自律神経(副交感神経)のスイッチが入るからです。
この吸って吐いての繰り返しで、身体をリラックスさせることがまず、大前提。

その深呼吸を応用し、快眠に近づけるのがハーバード大出身の健康医学研究者、アンドルー・ワイルの「4-7-8の呼吸法」です。研究に基づいたこの数字が、心身の緊張を解きほぐしていくと言うのです。では、その実践法とは。

①.  口から完全に息を吐き出す(フーと音が出るくらいに)。
②.  口を閉じて鼻から4秒間吸い込む。
③.  息を7秒間止める。
4.  ④8秒かけてゆっくりと口から息を吐き出す(フーと音が出るくらいに)。

これを少なくとも4回以上繰り返すことで、心身のリラックスが得られると言うのです。ただし、あくまでもこの秒数は目安。呼吸に無理がない程度に、自分が心地いいリズムで行うことが大切だとアンドルー氏。

なぜなら私たちがコントロールし、調整できる呼吸こそ人間の身体に最適なリズムだから。馴れれば徐々にゆっくりとした呼吸になり、修得すれば1分で眠りに就くことも夢ではないようですよ。