マルデック

マルデック

いまはなき『マルデック』惑星のお話

QHHT(量子ヒーリング)催眠療法中に、マルデックという惑星のお話を聞くことがあります。

昔、太陽系内に存在した惑星だったときいています。

今日は、これまで私がQHHTセッション中、たちあわせていただいた情報から、マルデックに関する記事を集めてみました。


マルデックから地球に転生している方々に、『核のトラウマを忘れるよう』伝えて欲しいと、ある宇宙の存在から頼まれたことも含まれています。

ご一読いただければ幸いです。

※数年前のセッション時の記録から※

一部抜粋記事です。伏せ字および省略もございます。ご了承ください。

(Nさん。Kさん。Mさんのご協力に心からの感謝を込めて)

生命体である地球が望んでいます。次元が変わります。
わたしたちも新しい地球を楽しみにしています。
こんな大きなイベントに、
参加出来るチャンスはそう多くはありません。

沢山の魂が待ち望んでいます。
生まれ変わる地球を観るために多くの船が上空にいます。
最悪の場合のために、待機している◯◯もあります。

まだ危うい。

・・・核が・・・使い方を誤る…

わたしたちは、地球人を内側から観察しています。

外から送り込まれた同胞も

最悪の自体に備えて待機しています。

(中略)

…まだ、誰も体験したことがないのでわかりません。

でも、誤った使い方をすると、銀河が揺さぶられます。

地球だけの問題ではありません。

波動をあげなさい。まだ、足りません。

・・・時間が足りないかもしれません。

でも、わたしたちは上手くやりたいのです。

・・・マルデックのように星を一つ失いたくないのです。

多くの恐れが…恐れが広がっていきます。

地球だけの問題ではないのです。

核を…誤った使い方をしてはいけません。

どのようなことになるか、

それは言葉ではいいつくせないことです。

(略)・・・それは誰もわかりません。

宇宙では、核を誤った使い方をしてはいけません。

______________________

地球上では、これまで3回ほど大きな核エネルギーの誤った利用がありました。

…銀河全体に影響を及ぼしていることがあります。

今度こそ、核の利用を正しく行うよう、すべての人々に核の存在をあえて知識としてうえつけることを…われわれは同意しました。

あえて、核の危険性を多くの人類の意識に、軽く広め・・・

そういうものは地球上では、邪悪な存在とみられていますが、

これが彼らの役割です。決して憎むべきことではありません。

地球のコアと大陸をつなぐ糸がきれて、地球の軌道がみだれ、

再び人類が沈んでしまわないよう、新たな大陸をつくり・・・

(中略)

マルデックから地球に移ってきたものは、
もう、核のトラウマを忘れてしまいなさい。

彼らに呼びかけてください。

マルデックから人類に転生しているものが少なからずいます。


彼らの恐れが、そして、その他のものの恐れが、
地球の動きを拘束しています。

地球は上を目指していますが、

恐れが、その速度を弱めてしまうのです。

・・・次元上昇により、あらゆる恐れがすこし軽くなってはいます。

地球のコアと大陸のつながりを、以前のように核の力で断ち切らないでください。